お酒

シメイブルーを飲んだ感想

シメイビールは1862年よりベルギー王国、スクールモン修道院で醸造されているトラピストビールの一つ。

院内にある井戸からくみ出される天然水と大麦麦芽、酵母、ホップ等で醸造された後、瓶内二次発酵される自然熟成ビールです。

醸造事業による余剰利益は発展途上地域への社会事業として使用されています。

トラピストビールとは


トラピストビールとはトラピスト会(カトリック教)の修道院で労働自活の一環として造られているビール。

171のトラピスト会修道院がある中、11カ所でのみ作られています。日本にもトラピスト会修道院が有り、栃木県那須のトラピストガレットや北海道函館のトラピストバターなんかは有名ですね。

中でも、シメイはトラピストビールの始まりと言われている由緒正しいビールなのです。

CHIMAYのロゴマークの下にある六角形のマークには「Authentic Trappist Product」と書かれており、国際トラピスト会修道士協会の基準(トラピスト会修道院の修道士が敷地内の醸造所で醸造し、営利目的での販売は行われず、収益は修道院のメンテナンスや運営費用に、残額は慈善団体に寄付されること)を満たした製品にのみ表示されています。

感想


シメイブルーはブラックビールですが、黒ビール特有のロースト感はあまり感じられません。

これといった特徴はあまりなく、口に含んでまず思うのはどごしの良さ。

後味は強めのアルコール感とあまり他では味わったことの無い香り。

ローズのような花の香りと紹介されていますが、ローズでは無いかな・・・。というか、そもそも花の香りを感じません。

クリスマスビールと言うことで、寒い冬に高いアルコール度数で体を温めましょうって感じのビールなのでしょうかね。

アルコールが強くてガツンとくる以外あまり特徴の感じないビール。シメイブランドの中では、あまり好きな方ではありません。

シメイレッドもブラックでしたね。私の好みでは、完全にシメイレッドに軍配です。

内容量330 mL
原産国:ベルギー王国
原材料:麦芽、ホップ、スターチ、糖類、オレンジピール
賞味適温:10~12℃
アルコール分:9%

重さ    ★★☆☆☆
香りの強さ ★☆☆☆☆
味の強さ  ★☆☆☆☆
満足度   ★★☆☆☆

関連記事

  1. お酒

    宇奈月ビール

    カラフルな可愛らしいパッケージデザインの宇奈月ビールです。モーツァル…

  2. お酒

    SINGLE HOP SERIES Vic Secret~キリンのクラフトビールの感想~

    商品説明「SINGLE HOP SERIES」は、“ビールの…

  3. お酒

    そよ風のケルシュ

    銀河高原ビールのロゴ?でもある、鹿が可愛らしいデザイン。女性好みの飲…

  4. お酒

    フルーツビールというジャンルのビールをはじめて飲みました

    今回飲んだのは、ベルギー最古の蒸留所のひとつ、Liefmans(リー…

  5. お酒

    青い空と海のビール

    またまた沖縄のヘリオスから「青い空と海のビール」の紹介です。まるでカ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 登録されている記事はございません。
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. お酒

    WHITE NIGHT(ホワイトナイト)~キリンのクラフトビールの感想~
  2. ブログ開設

    WordPressのインストール
  3. お酒

    花邑
  4. いちご

    イチゴの新苗づくり-2
  5. 旅行記

    フランス旅行6日目 ベルサイユ宮殿
PAGE TOP