お料理レシピ

舌で溶けるバスクチーズケーキの作り方

【材料 】


  A. クリームチーズ
  B. グラニュー糖
  C. 蜂蜜
  D. 卵
  E. 小麦粉
  F. 生クリーム

200 g
35 g
15 g
1 個
7.5 g
200 mL

【作り方】


1. 材料を秤量する。クリームチーズは常温に戻しておく。

2. 型に合うようにクッキングシートを切る

3. オーブンを220℃に予熱する

4. 卵をボウルに割り入れ、ホイッパーで良く混ぜる。

泡立てないのがポイント。ホイッパーをボウルの底に付けて混ぜると泡立ちにくいです。

5. 生クリームをボウルに入れ、小麦粉を数回に分けて少しずつ加えて混ぜる。

ダマにならないようにし、生クリームを泡立てないようにする。攪拌器をボウルの底に付けて、円を描くようにして混ぜると泡立ちにくい。そこまで神経質になる必要は無く、ホイップクリームにならなければ問題なし。多少の泡はオッケーです。

6. クリームチーズを別のボウルに入れ、ヘラで良く混ぜる。

7. グラニュー糖を数回に分けて少しずつ加えていく。

特に最初は少なめに入れると馴染みやすいです。

8. 蜂蜜を加えてよく混ぜあわせる。

9. 練ったクリームチーズに溶き卵を数回に分けて加えて、その都度ヘラで混ぜ合わせる。

中心に縦に切り込み、ボウルを回しながら底のクリームを剥ぎ取るように半回転してヘラを返す。これを繰り返して混ぜ合わせる。

10. 小麦粉入り生クリームを数回に分けて加える。

最初は少量、徐々に加える量を増やしていく。ホイッパーに持ち替え、加える度にその都度混ぜ合わせても良いです。

11. 裏ごしし、溶けきらなかったダマを除く。

12. 高い位置から型に流し込む。

13. 高い位置から型を数回落とし、空気を抜く。

14. 熱が入りすぎないように、型の回りをアルミホイルで巻く。

15. 220℃で20分、2段あるオーブンの場合は下の段で焼く。

焼き上がりはプルプルとゼリーのように揺れますが、冷えてくると動かなくなります。

16. あら熱を取り、冷蔵庫で一晩冷やす。

17. 型から外し、完成。

【おわりに】

バスクチーズケーキはスペインのバスク地方で食されているチーズケーキで、表面が真っ黒に焦げて、酸味がないのが特徴。

このレシピにもサワークリームやレモンは入っていません。

舌触りはとてもなめらかで、口の中で溶けていくような仕上がり。

甘さ強めでとても美味しいです。

作り方はとても簡単なので、是非作ってみて下さい。

最後に、ケーキ作りに重要なのは道具と材料。この記事で使用したものも紹介しておきます。


ランキング参加しています!
皆さんのクリックが励みになります。少しでも面白いとか参考になったとか思って頂けたらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


コメント

  1. 蜂蜜入れるんですね。
    おいしそう!
    バスクチーズケーキの濃密な舌触りが好きです。

      • Hs
      • 2020年 9月 23日

      コメントありがとうございます!
      クリームチーズと蜂蜜の相性はとても良いですよ!
      簡単なので、是非作ってみてください(^^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 登録されている記事はございません。
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. お酒

    そよ風のケルシュ
  2. 旅行記

    熊本のスタバでコーヒーアロママグを購入してきました【STARBUCKS JIMO…
  3. 未分類

    トマトから本葉が生えました【トマトの家庭菜園2020#4】
  4. ブログ開設

    Google AdSense広告が表示されなくなった場合の対処とads.txtの…
  5. ブログ開設

    WordPressのURLを変えようとしたら、ログインできなくなりました。
PAGE TOP