旅行記

フランス旅行6日目 ベルサイユ宮殿

フランス旅行の6日目です。楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいますね。モン・サン・ミッシェルやロワール古城と比べれば近いですが、この日も電車に揺られてパリ郊外に向かいました。

場所はベルサイユ宮殿です。

歴史的背景が分かると観光もより楽しくなります!ということで、ベルサイユ宮殿にまつわるお話として、別の記事に書き留めたので、ご興味があれば覗いてみてください!

出発から出遅れ!


連日の疲れもあり、7時30分の電車に乗るはずが、ホテルを出たのが7時40分になってしまいました。

ベルサイユ宮殿へは、SNCF(L線)で一本です。この電車、出発の直前になるまで何番線から出発するのかわかりません。電光掲示板には出発時刻と目的地が書かれているだけ。出発時刻近くになると、番号が表示されるのでホームに向かい、電車に乗り込みます。

8時4分発の電車に乗りました。予定より約30分遅れです。

電車はサン・ラザール駅が始発で、目的のベルサイユが終点。ゆったり座れました。とてもきれいな電車です!

ベルサイユ宮殿には駅から徒歩かバスで向かいます。歩いても20分程なので、街並みを眺めながら歩くのも良いですよね。

ただ、ベルサイユ宮殿の庭はとても広く、凄い量を歩くことになるので、少しでも体力を温存しておく事をオススメします!

私たちは寝坊したので、一分でも早く着きたいという理由でバスを使いました。

ベルサイユ駅改札を出て、目の前の道路を渡り、4番のバスに乗ります。

事前の調べでは、Europeで下車だったのですが、「ベルサイユ宮殿なら次よ」とおばさんが教えてくれ、停車のベルまで押してくれました!

優しい!優しいよ。さすが親日国のフランス!

満面の笑みでメルシーと言ってバスを降りました。

Prefectureで降りるとベルサイユ宮殿はすぐそこでした。

手荷物チェックを受けて広場についたのはちょうど開門の9時。すでに長蛇の列でした。

並び始めてから50分ほどで中に入れました。トイレに入り、オーディオガイドを受け取ったら見学開始です。
オーディオガイドは日本語もあるので嬉しいですね。

まず、宮殿の中は玄関から激こみです。

そして、部屋の中はさらに混み合っています。

ベルサイユ宮殿やモナリザの前など、混んでいるところはスリも多いと言うことで、リュックは身体の前にかけ、ポケットは空にしました。

部屋の中は、豪華絢爛とは正にこのことかと思い知らされます。これまでに見てきたロワールの古城とは比べものになら無いくらい贅沢。豪華なベッドや調度品はもちろんのこと、あちらこちらに金が施してあり、本当にきらびやかです。

下の写真がマリーアントワネットの部屋です。華やかすぎて、もはや落ち着けません!

激混みの宮殿を一通り見学し、次は庭の見学に続きます。宮殿内の見学はあっという間でした。

ベルサイユ宮殿の庭は全て見ようとすると、とにかく時間がかかります。マリーアントワネットの離宮まで足を伸ばすと見学は一日がかりです。

まず、庭への入り口に入ると、たくさんの花が咲き誇る花壇に圧倒されます。宮殿をバックにするならば、ここが一番の撮影スポットだと思います。

そして、宮殿とは反対側。遙か遠く見える噴水に向かって歩いて行きました。

途中、迷路のように木が植えられているお庭を経由しました。凄くフォトジェニックな場所ですね!!ハリーポッターの世界のようです!

こういう所をゆっくり散歩するのはとても気持ちいいですね。

土日は噴水ショーを行っています。ベルサイユ宮殿には至る所に噴水があり、色々なところで噴水ショーが見られます。大小様々なので、それぞれの噴水で迫力は違うと思います。ちょうど12時のショーを見れました。音楽に合わせて色々な形に水が変化します!

割と長かったので、噴水ショーはそこそこに昼食に向かいました。遙か遠くに見えた噴水も歩けばあっという間。近くにレストランがあったので、こちらで昼食を取りました。

ビールにピザ。そしてポテト。

味は普通かな。ポテトの形が日本とは違っていて新鮮です!

昼休憩を終え、マリーアントワネットの離宮を目指します。

離宮に向かう途中で見るものはたくさんあります。

ルイ14世とその公妾フランソワーズ・アテナイスの隠れ家。大トリアノン

これぞマリー・アントワネットと言わんばかりのロココ調の内装。小トリアノン

マリー・アントワネットが舞踏会や観劇、かくれんぼなどをして楽しんだ愛の神殿

と色々見所がたくさん。

そして歩いていると野生のリスと遭遇!初めて見たリスに感動!本当に自然豊かです(^^)

そして、ようやく離宮に到着しました。もうね、めちゃくちゃ遠いです。着いた頃にはぐったりです。でも、来た甲斐ありましたよ!

宮殿からは徒歩で行ける範囲なのに、まるで何十キロも離れた田舎町に来たような錯覚が得られます。周りにはたくさんの畑が充実しています。本当に綺麗なところでした。こんな田舎があれば自分も住みたい。

近くには動物園もあります。結構な種類の動物が居てびっくり。ただ、暑いし、歩き疲れているしで、入り口だけ見て帰りました。

帰りは園内を走るバスに乗ろうとしましたが、なんと離宮まではバスが来ていません(泣)

トリアノンまで徒歩で引き返し、バスを待ちました。終バス近かったのもあり、結構な行列が出来ています。

しかも、バス停に着くバスは既に満席で全く乗せてもらえません。どうやら前のバス停でみんな乗っているようです。そこで、大トリアノン前に移動。ちょうど空のバスが来た!と思ったら、小トリアノンの方に行っちゃいました。均等に人を乗せているようなので、おとなしく並ぶのが正解のようです。

バス停前で売っていたオレンジジュースを飲みながら待ちました。100%オレンジジュース。丸々3個くらい絞っていました。ちょっと高いけど、これなら満足!

時刻は16時30分で、バスもそろそろ終わるようです。バスに揺られ宮殿前に着いた頃には17時でした。

この頃にはクタクタで、帰ることしか考えていませんでしたが、この時間になると入場で一時間待ちした列はもうありません。今思うと宮殿内もガラガラだったかもしれません!!ちょっとだけ後悔!

帰りも来たルートと同様でSNFCに乗って帰りました。

サン・ラザール駅に着いたのは18時。ホテルに戻り一時間ほど休憩しました。

残すところフランスもあと1日。残された夕食は2回。この日もエスカルゴとムール貝を頂きました。

同じ店でも良かったのですが、何となく恥ずかしいので、別の店に。ここは、クリームソースや野菜出汁など何種類か味が選べました。私はクリームソースをチョイス。

相変わらずのボリューム感です!

毎日食べても何回食べても旨い!ちなみに、エスカルゴはどこで食べても安定の同じ味です。

それから、デザートも注文。

これが本場のティラミスですわ。日本のよりも、パン生地がしっかりしていました。クッキーでもなければ、スポンジケーキでもない。ふわふわのパンって感じ。クリームよりもパンの方がメインな食べ応えのあるティラミスでしたよ。これはこれで美味しい!

明日はフランス観光の最終日。いつもよりちょっと遅めに起きて、しっかりと朝食を楽しみ、蚤の市(のみのいち)に行きます!

関連記事

  1. 旅行記

    フランス旅行2日目。パリ市内観光

    今日からフランス観光の本番。まずは1日パリ市内の観光です。観…

  2. 旅行記

    京都観光2日目~京都市内観光~

    朝食は8時30分に予約。松井本館では朝食を部屋まで運んでくれ…

  3. 旅行記

    雄山神社峰本社に参拝してきた【全国一宮 御朱印集めの旅】

    雄山神社峰本社の参拝一宮神社の中で最も行きにくいのが雄山神社峰本社で…

  4. 旅行記

    フランス5日目 ロワールの古城巡り【前編】

    モン・サン・ミッシェルからパリに戻ってきたばかりですが、5日目も引き…

  5. 旅行記

    青森旅行 part3~海峡保養センター 大間温泉に宿泊~

    根城から青森県大間町まで、なんと車で3時間。めっちゃ遠いです。八戸I…

  6. 旅行記

    1泊2日の奈良弾丸旅行2日目-奈良懸護國神社と大和郡山城

    弾丸奈良旅行2日目です。10時にホテルを出発し、まずは御朱印…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 登録されている記事はございません。
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. 旅行記

    青森旅行 part4~大間岬と仏ヶ浦【2日目前半】
  2. 通販・おみやげ・便利グッズ

    緊急事態宣言で散髪が出来ません。前髪が邪魔なのでヘアバンドを買いました。
  3. ブログ開設

    レンタルサーバーと独自ドメインの取得
  4. 植物

    神内マンゴーの種から発芽
  5. 未分類

    食パン作りに憧れて
PAGE TOP