旅行記

雄山神社峰本社に参拝してきた【全国一宮 御朱印集めの旅】

雄山神社峰本社の参拝

一宮神社の中で最も行きにくいのが雄山神社峰本社ではないでしょうか。ほとんどの一宮は車や電車で近くまで行けるので、ほとんど歩かずに参拝することが出来ますよね。しかし、雄山神社峰本社は雄山(立山)の山頂に建てられており、自らの足で1時間以上登山しなければ参拝することが出来ません。しかも、峰本社で御朱印をもらえるのは夏季限定。冬は雪が降って登山できないので当然か。
私は毎年、夏休みを利用して友人と1泊2日の登山に行っていましたが、今年は予定が合わず、泊まりがけは無理だと言うことに。これはチャンスと言うことで、今年は日帰り登山で雄山に登ることを提案したところ無事同意を得られました。真の目的が御朱印をもらうことなのはバレバレだったけど。
そんなこんなで、雄山神社峰本社に参拝してきたので、その旅行記を書きたいと思います。

まずは扇沢駅へ

行ってみて知りましたが、立山という山は存在しないんですね。登山道の看板に雄山(立山)と書いてあって、立山の本当の名前が雄山なのかー!って思っていましたが、正しくは、雄山、大汝山、富士ノ折山の3つの峰の総称を立山と言うらしいです。雄山のみを指して立山ということもあるようなので、雄山(立山)という標識があったのでしょう。と言う前置きはさて置き、雄山への登山ルートは2つあって、長野県側からのルートと富山県側からのルートがあります。近い方から行けば良いのですが、富山県側から上った方が断然安いです。現地に到着してみて、登頂するまでの金額が高すぎてビビりました。
まず、雄山の登山道は室堂と呼ばれる場所から始まります。室堂へ直接マイカーで行くことは出来ず、マイカーでの乗り入れは富山県側は立山駅、長野県側は扇沢駅までとなっています。下の写真がそれぞれの駅から室堂へ行くための交通手段。

私は西東京に済んでいるので、出発は問答無用で扇沢駅一択です。自宅を深夜1時に車で出発し、安曇野ICで高速を降りました。ETCなので深夜割引もあって高速料金はおよそ4000円。そこから一般道で扇沢駅へ向かいます。安曇野ICから扇沢駅も結構長くて、だいたい一時間くらいかかりました。普段1時になんて寝ていないので、この日も当然寝付けず、不眠で運転。やっと扇沢駅に到着です。扇沢駅周辺には有料駐車場と無料駐車場があります。有料駐車場は24時間で1000円。ちゃんと舗装されて綺麗です。一方、無料駐車場は砂利に駐車するのですが、駐車線が書かれていないため、異様に間隔を空けて止めている車が多数。入れそうな隙間を見つけて入ったものの、左右との間隔がかなり狭くて嫌でした。

扇沢駅発―黒部行のトロリーバスは始発が7:30なので、それまで車の中で仮眠を取り、それからコンビニで買った朝食を食べて7:00にはトロリーバスのチケット売り場に並びました。
始発にもかかわらず行列ができています。WEB購入もできるようで、WEB購入者用の窓口もありましたが、ほとんど人が並んでいませんでした。雨で中止って事もあるので、あまり前から予約するのは得策ではありませんが、前日など事前にWEBで予約しておくほうが絶対に良いですね。

扇沢駅にはトイレもちゃんとあります。山にあるトイレって有料で臭くてめちゃ汚いイメージがありますが、ここのトイレは綺麗で、ウオッシュレットまで完備されていました!これは感動!ウォッシュレットはさすがに北アルプスの冷たい天然水が出てくるのかと思って、肛門を閉めて覚悟していましたが、なんと、ちゃんとお湯が出てきました。トイレは扇沢駅で済ませておきましょう!

いよいよトロリーバスで黒部ダムへ出発

7:30前になると駅構内は人でいっぱい。ここでは、関西弁の駅員さんからアナウンスがありました。「え~、本日は関西電力トロリーバスのご利用ありがとうございます。これから黒部ダムへ向かう皆さんにお知らせあります。(しばしの沈黙)・・・お弁当いりませんか?」お弁当の宣伝かい!こんな和ませてくれる駅員さんと別れ、7:30になると駅の改札が開き、トロリーバスへ乗車します。人がたくさん居ますがトロリーバスは4台運行されていたので全員乗れました。ただ、座れずに立っていた方もたくさん居ました。座りたかったら早く並びましょう!

 

黒部ダムの放水はやっぱり凄い!

トロリーバスで黒部ダムまで16分。黒部ダムのレストハウスではダムカードがもらえるので忘れずにもらいましょう。黒部ダムまでの乗車券を見せると1枚もらえます。ちなみに、レストハウスではダムカードの告知等は一切無し。ダムカードを集めている人以外手にすることはなさそうです。黒部ダムの放水も迫力があって凄かった!ケーブルカーの乗り口は欄干の先。ケーブルカーは20分に1本しか運行していません。また、室堂まで行くケーブルカーの整理券もここで配られるため、順番が後ろの方になるとケーブルカーでもさらに待たされることになります。黒部ダムを楽しみすぎていると結構時間をロスするので注意しましょう!

  

ケーブルカーで黒部平まで5分くらいです。次に乗るロープウェイの出発までは10分くらいあります。ちょっとした展望台があるので見ておきましょう!これといって何もありませんが。

 

ロープウェイに7分乗ると大観峰に着きます。次のトロリーバスに乗るまでに約20分待ちます。ここにも展望台があるので、見ておきましょう!相変わらず何もありませんが。

大観峰からは再度トロリーバスに乗れば室堂に到着です。約10分ですが、暗くて細いトンネルを通っていくので結構楽しいです!

 

ようやく室堂に到着しました!ここから1時間以上の登山が待っています。雄山へは看板を頼りに歩いて行きます。

 

8月ですが雪も残ってます。でも暑い!

 

途中の小屋を過ぎると岩場が始まります。室堂から一の越山荘までは40分ほどかかりました。

 

夏休み期間だったためか、小学校低学年の子も登っていました。3000mを超える雄山。剱岳よりも高い山で意気込んで行ったのに、そんな小さな子でも登れる山なのか・・・と思うと若干悲しくなくなりました。

ほんとに人が多いです。順番待ちで歩いている時間よりも立ち止まって待っている時間の方が長いです。実際、原因は小学生の団体が登っていて、前が詰まっていたからだったのですが。
まぁ、しょうがない。
結局、一の越山荘から山頂まで1時間もかかってしまいました。室堂からだと約2時間です。人がいなかったら1時間30分もあれば登れると思います。

雄山神社峰本社到着!

雄山は人がたくさんいたけど、気持ちよいところでした。頂上にそびえ立つ社も良い感じ。手前に社務所が有り、ここで御朱印帳を渡し、書いてもらっている間に本殿にお参りをしました。登拝料が500円かかりますが、頂上でお祓いしてもらえますし、御神酒も頂けます。登拝料と一緒にお札も貰えます。大満足です。

帰りは来た道を引き返して室堂へ帰ればOKです。ただ私たちは、少しでも移動費を節約するために途中の一の越山荘から黒部ダムまで歩いて帰ろうと言うことになり、下山を始めました。この選択でまさか地獄を見るとは・・・。

地獄の始まり

一の越山荘から室堂とは逆の方向へ進んでいきます。
あれほど混んでいた山道も全く人が居なくなりました。この頃は、やっぱり登山ってこうだよね!気持ちいいよね!なんて意気揚々と進んでいました。

50分ほど歩いて分岐点に着きました。順調順調!予定よりも早いペースです。もう、ロープウェイ乗り場が見えていますね。
と、ここまでは順調だったのですが、この先から毛色が変わりました。まず、角度が急!写真を撮りながら下山していましたが、とてもそんな余裕はなくなりました。
そして、道も狭い!

なんとか、急な傾斜が終わったと思ったら、次は完全な森になりました。道はあるけど、草が生い茂って道を塞いでいます。
この草を掻き分け進みますが、とにかく長い。この辺りになると、終わりの見えない戦いが辛すぎて完全に写真撮影を忘れていました。

鬱蒼と生い茂る森林の中を草を掻き分け、たった二人で進むのは怖いものがあります。熊でも出そうで怖いなぁなんて思っていた瞬間!

背後からガサガサッと大きな音!嘘だろって思いながら振り返ると、なんとそこには・・・

外国人登山客でした。しかも、たった、一人。

熊じゃなかった安心感とこんな道を我々以外も降りていることへの二重の安心感を与えてくれた外国の方、ほんと天使です。
天使さまに道をお譲りして、更に下山していきます。ロープウェイのミシミシ音も聞こえているのでもうすぐです。

黒部平のロープウェイ乗り場に到着

そして、一の越山荘から時間分の下山の末、ようやくロープウェイ乗り場まで到着しました。この時点で膝が悲鳴をあげております。お前の体重が重すぎて、ワシはもう支えきれんと。

ということで、黒部ダムまで徒歩は諦め、素直にロープウェイにのって扇沢駅まで帰ってきました。おそらく天使さまはロープウェイにのらず、そのまま下りていかれたのでしょう。タフですね。私は膝のためにダイエットすることを決意しました。

こうして無事に雄山神社峰本社の御朱印を頂くことが出来ました。みなさんは節約なんて考えずに室堂からトロリーバスとロープウェイで帰ることをオススメします。

交通費

扇沢駅から室堂までの交通費は往復で9,050円かかります。
私たちは扇沢駅から黒部ダムまでの往復2,570円、黒部湖から室堂までの片道4,320円。それから、帰りにギブアップしてケーブルカーに乗った860円を加算して、合計7,750円となりました。
膝を痛め、怖くしんどい思いをし、3時間かけて1,300円しか節約になってない!

湯けむり屋敷 薬師の湯

登山の最後はやっぱり温泉です。
お邪魔したのは「湯けむり屋敷 薬師の湯」
入湯料700円でしたが、黒部ダムの半券を見せると600円に割引されます。
ここの露天風呂、めちゃくちゃ良いです!
ぬる湯で疲れた体をゆっくり癒やせるのと、露天風呂の雰囲気が最高です。
草木が良く管理されており、自然を感じながら入る温泉最高でした!

住所
大町温泉郷 湯けむり屋敷 薬師の湯
〒398-0001長野県大町市大町温泉郷 TEL:0261-23-2834

感想

いろいろと大変な思いはありましたが、黒部ダムを見て、御朱印を貰い、最後は気持ちいい温泉でゆっくり出来た最高の1日でした!
扇沢駅から室堂までの往復券を購入すれば時間的にも余裕ができて、地元の美味しい料理も食べられることでしょう!トロリーバスは平成30年で終了し、今後は電気自動車に変わるようです。皆さんも是非、雄山神社峰本社、参拝してみて下さいね。

関連記事

  1. 旅行記

    熊本のスタバでコーヒーアロママグを購入してきました【STARBUCKS JIMOTO made se…

    7月26-28日の日程で熊本に出張してきました。いつもどおり一宮神社…

  2. 旅行記

    フランス旅行 7日目

    フランス観光の最終日です。出発前は結構長いかなぁと思っていましたが、…

  3. 旅行記

    多摩動物公園に行ってきました

    3連休の初日、多摩動物公園へ行ってきました!多摩モノレールの動物公園…

  4. 旅行記

    フランス旅行4日目 モン・サン・ミッシェル2日目

    モン・サン・ミッシェル滞在2日目です。今日は修道院の見学!その前にせ…

  5. 旅行記

    長野旅行 1日目

    ゴールデンウィークを利用して長野県に3泊4日の旅行をしてきました。…

  6. 旅行記

    新潟旅行part.1~星峠の棚田に行ってきました~

    土日を利用して新潟の百名城スタンプラリー、そして全国一宮神社の御朱印…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 登録されている記事はございません。
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. コーヒー

    モッコナ ブラックラベル
  2. 植物

    いちごに白い粉のようなもの。うどんこ病でした【いちご栽培2020#5】
  3. ライチ

    ライチの苗を植え替えました
  4. 飲食店

    桜坂【聖蹟桜ヶ丘】
  5. 未分類

    整体を止めて整骨院で猫背を矯正することにしました。
PAGE TOP