未分類

WordPressでのサイトマップ作成方法~SEO対策の1つとして~

SEO対策とは

ブログ記事を多くの人に読んでもらうために最も重要なことは、Googleなどのサーチエンジンで、検索ページの最初の方に表示されることです。

サーチエンジンの上位ページに載せてもらうためにはGoogleの評価を上げていく必要があります。

このように、Googleからの評価を上げて、サーチエンジンの上位に表示させるための様々な対策のことを「SEO対策」と呼びます。

SEOとは、Search Engine Optimization(検索エンジンの最適化)の略ですね。

Googleの評価がブログサイトを評価するか否かの重要なポイントはただ一つ。「読者に役に立つかどうか」ということです。

もちろん、記事に「有益な情報が詰まっているか」と言う点も重要ですし、当然、「ブログサイト全体、そして記事1つ1つが見やすいか」という点も重要です。

今回は、「ブログサイト全体が見やすいかどうか」と言う点に絞って記事にしたいと思います。

サイトマップとは

サイトマップとは言葉通り、ブログページ内の“地図”のことです。

遊園地やデパートなど、広い場所では必ず地図がありますよね。自分が今立っている「現在地」と、目的のお店やアトラクションが何階のどこにあるのか詳細に書かれています。

アウトレットモールで地図や参入店舗の情報が無ければ、来場者は困ってしまいますね。

ブログにおいても全く同じなのです。

自分の作成したブログサイトでは、「どんなカテゴリ」の「どんな内容の記事」が書かれているのかを示してあげなければならないのです。

このブログサイトの地図が“サイトマップ”であり、サイトマップが用意されていないと、ブログ来場者にも不親切ですし、Googleからも低い評価を受けてしまうのです。

ブログを多くの人に読んでもらいたい方は是非、サイトマップを作成しましょう。

サイトマップを作成する前に

では、実際にサイトマップを作成する方法を解説していきたいと思います。

WordPressでは、多くのプラグインが用意されており、このプラグインをインストールすれば簡単にサイトマップを作成することができます。

ただ少しややこしいことに、サイトマップと言って2種類あるのです。

1つは、訪問者用、もう一つはGoogle用です。

訪問者用のサイトマップは先ほど説明したように、どんなカテゴリのどんな記事があるのかを表示するページを作成するものです。

一方、Google用のサイトマップは実際にブログサイトに表示されるものではなく、Googleに対して、私のブログにはこんなサイトがあるんですよとブログ運営者側から報告すると言ったイメージです。

今回は2種類のサイトマップの作成方法について説明します。

訪問者用サイトマップの作成方法

まずは、ブログページに表示する訪問者用のサイトマップを作成しましょう。

WordPressのサイドバーからプラグインをクリックします。

右上の検索バーに「PS Auto Sitemap」と入力します。

表示されたプラグインの一覧から「PS Auto Sitemap」を見つけ、今すぐインストールをクリックします。

インストールが完了したら、有効化をクリックします。

左のサイドバーの設定の中に「PS Auto Sitemap」が表示されるので、クリックします。

表示された設定画面の下の方に「ご利用方法」に書かれているコードをコピーします。

サイドバーにある固定ページをクリックし、新しく固定ページを新規作成します。

固定記事の新規作成画面で、右上にある「・が縦に3つ並んでいるボタン」をクリックします。エディターのリストにある「コードエディター」を選択します。

タイトルはご自由に。「Sitemap」とでも入れておくのが無難でしょうか。記事欄にはコピーしたコードを貼り付け、投稿します。

このページ編集画面のアドレスバーを見ると、post=数字となっている部分があります。この数字をPS Auto Sitemapの設定に使用します。

再度、設定>PS Auto Sitemapへと進み、「サイトマップを表示する記事」に先ほどの数字を貼り付けます。貼り付けたら忘れずに変更を保存しましょう。

これでサイトマップが完成しました。サイトマップページをプレビューすると、ちゃんとカテゴリと記事が一覧になっていますね!ホーム画面などにこの固定ページのリンクを載ればオッケーです。

Google用サイトマップの作成方法

続いて、訪問者の目には見えませんが、SEO対策にはとても重要なGoogle用のサイトマップを作成します。

先ほどと同様に、プラグインの新規追加をクリックし、右上の検索バーに「Google XML Sitemap」と入力します。

表示されたプラグインの一覧から「Google XML Sitemap」を見つけ、今すぐインストールをクリックします。

インストールが完了したら、有効化をクリックします。

これでインストールは完了ですが、Googleに対して、“私の記事にはこんなカテゴリのこんな記事が書かれているのですよ”と教えてあげる必要があります。

この操作は、「Google Search Console」から行います。まずは、WordPressの左サイドバーから「設定>XML Sitemap」と進みます。

表示された設定画面に「あなたのサイトぱっむのインデックスファイルのURL」に書かれているURLをコピーします。

Googleの検索バーに「Google Search Console」と入力し、「Google Search Consoleに移動」や「Google Search Console」をクリックします。

サイドバーにある「サイトマップ」をクリックし、新しいサイトマップの追加にURLを入力します。「sitemap.xml」が入力されればオッケーです。

送信ボタンをクリックして、下記のようにステータスに成功しましたの文字が表示されれば完了です。

失敗した場合にはURLが間違っていますので、良く確認して下さい。

最後に

WordPressにサイトマップを作成する方法を解説してきました。サイトマップの作成がSEOにどれだけ効果があるのかは分かりません。ただ、記事が増えてくると、自分自身でも管理するのが大変になってきます。そんな時、サイトマップを覗いてみると記事が被っているなぁとか、このタイトルじゃ何を伝えたいのかよく分からないなぁなど問題点も浮かび上がってきます。

サイトマップを作成しておいて悪いことは無いと思います。是非活用してみて下さい!

関連記事

  1. 未分類

    ホーネット900の売却~一括査定サイトを利用して~

    ホーネット900を売却するため、インターネットの一括買い取りを使いま…

  2. 未分類

    ホーネット900と最後のツーリング。奥多摩湖まで行ってきました!

    CB750の整備が進み、そろそろ納車されそうです。10年もの…

  3. 未分類

    ホネさん、調子良くないの?

    私の愛車ホーネット900。CB900ホーネットやCB900Fとも呼ば…

  4. 未分類

    イチゴの新苗づくり

    イチゴうどんこ病にかかってしまい、出来てくる実には白い粉がかかって枯…

  5. 未分類

    発芽ラッシュ!【いちごを種から育てるぞ!#3】

    種まきからちょうど2ヶ月。発芽ラッシュがやって来ました。…

  6. 未分類

    CB750がエンスト!

    購入して1週間ほど経ちました。ほんと、乗りやすくて良いバイクです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 登録されている記事はございません。
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. ブログ開設

    ブログランキングサイトへ登録した効果は?
  2. 植物

    神内ファームのマンゴー
  3. お酒

    HOJICHA Brown Ale(ほうじ茶ブラウンエール)~キリンのクラフトビ…
  4. アイス

    森永製菓「バニラモナカジャンボ」を食べた感想
  5. お酒

    常陸野ホワイトエール
PAGE TOP