Wordpressの使い方

WordPressのアップデートでAddQuicktagが表示されません

はじめに

WordPressのアップデートがあり、記事作成画面のレイアウトが大きく変わりました。

以前は、wordのように1つのブロックの中に文字を書き込んでいくスタイルでした。

アップデート後にはブロック表示に変更されました。大幅な仕様変更にかなり戸惑う人も多かったと思います。

はじめは戸惑いましたが、慣れると結構使いやすい。個人的には気に入っています。

ただ、アップデート後は、どこを探しても「AddQuicktag」が表示されません。

今回は、Wordpressがアップデートされて、AddQuicktagが使えなくなってしまった方に向けて、その対処方法を書きたいと思います。

AddQuicktagを表示させる方法

AddQuicktagを表示させる方法は2種類あります。

1. クラシック表示する方法

2. プラグインをインストールして、以前のエディタに戻す方法

以前のエディタに慣れていて、ブロック表示が使いにくいと言う方は、プラグインをインストールした方が楽かも知れませんね。

それでは、それぞれの方法を解説していきたいと思います。

クラシック表示する方法

ブロックの右側にある「+マーク」をクリックするとアイコンが表示されます。
「クラシック」というアイコンがあるので、クリックします。

クラシックのアイコンがない場合には、「すべて表示」をクリックすると一覧が表示されます。この中にありますので、探してみて下さい。

クリックすると変更したブロックのみアップデート前の表示に戻ります。

AddQuicktagも復活していますね。

プラグインをインストールして、以前のエディタに戻す方法

プラグインを用いる方法では「Classic Editor」をインストールします。

まず、ダッシュボードのメニューから「プラグイン>新規追加」をクリックします。

キーワード検索欄に「Classic Editor」と入力します。

下記のような表示を探し、「今すぐインストール」をクリックします。

インストールが完了したら忘れずに「有効化」しましょう。

新規作成画面を開くと、以前のエディタに戻っていますね。

まとめ

今回は、AddQuicktagをWordpressで使用する方法を解説しました。

何かと便利なクイックタグ。私の使用しているMAGではボタンをクリック一つで作れたりするのですが、肝心のクイックタグが使えなくなっては意味がありませんね。


ランキング参加しています!
皆さんのクリックが励みになります。少しでも面白いとか参考になったとか思って頂けたらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 登録されている記事はございません。
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. 未分類

    引越し業者の再検討
  2. お酒

    小樽麦酒アンバーエール
  3. コーヒー

    ネスカフェ 香味焙煎 鮮やか
  4. 旅行記

    京都観光2日目~京都市内観光~
  5. お酒

    シメイブルーを飲んだ感想
PAGE TOP